2020年01月16日

年末ジャンボ宝くじ 2年連続10億円の売り場(熊本市)

年末ジャンボ宝くじで、2年連続10億円が出た売り場情報です。

熊本市中央区のみずほ銀行熊本支店の売り場だそう。

手(チョキ)みずほ銀行:熊本支店 | ATM・店舗検索

■2018年の年末ジャンボ宝くじ
■2019年の年末ジャンボ宝くじ
と、二年連続で1等と前後賞合わせて10億円が出たのだとか。

熊本城や熊本市役所近くの売り場になります。

すぐ近くに「花畑チャンスセンター」があり、この売場もよく当たると評判のようです。

(過去に、年末ジャンボの1等+前後賞などが出ています)


これは、両方の売り場で買って、結果を楽しみに待つってのもありかもしれませんね。


posted by 年末ジャンボ10億円 at 21:03| 年末ジャンボ 売り場

2019年12月04日

名駅前チャンスセンター

2019年の年末ジャンボ宝くじに関するニュース映像。
(そのうち削除されてしまうと思いますが)

■何としても当てたい…年末ジャンボ宝くじ『販売初日購入勢』に密着 一攫千金狙うそれぞれのワザ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00010000-tokai-bus_all

売り場は、名古屋駅・名鉄百貨店の玄関前にある「名駅前チャンスセンター」。

その発売初日の様子が出ていました。


いろいろな方や、それぞれの想いが聞かれて興味深かったです。

自分が一番興味をそそられたのは、去年の年末ジャンボ以降の宝くじを持ってきて当せん確認されていた男性。

1,000枚以上あったみたいですが、そのなかには高額当せんも。

しかも2枚。

高額当せんは、みずほ銀行にいかないと額がわからないんじゃなかったかな。
(だから、映像では合計でいくらなのかまではわからず)

いくらだったんでしょう・・・

と、そこではなくて、昨年の年末ジャンボの当せん確認も、いまのタイミングで行っているということです。

1年放っておいても、気にはならないんでしょうか?

まぁ、そのくらいのほうが楽しめるのかもしれないですね。

忘れたころに当せん確認 → 当せん金をボーナス的に使う

なんて感じで。


あと、当たったら、自分のためにではなく、ほかの人や地域のために使いたいといった方もちらほら。

実際にあったら行動が変わる、なんてこともあるかもしれないですが、少なくともそういった心意気があるだけでも素晴らしいと思いました。


あと、この売り場では、年末ジャンボ発売日の販売開始前には、近くにある白龍神社の神主さんによるご祈祷があるよう。

そういうのも、なんだかいいですね。


posted by 年末ジャンボ10億円 at 23:13| 年末ジャンボ 売り場

2019年11月30日

年末ジャンボ宝くじ1800万円分購入の還元割合

テレビでやていた、こちらのケース→年末ジャンボ宝くじを1800万円分買った人

このとき(藤ノ井さんが1,800万円買ったとき)の還元割合を計算で出してみます。


当せん額は約660万円。

購入額は1,800万円。

計算してみると・・・約36.7%

なるほど。


ちなみに、1ユニットを全部買ったときの還元率→年末ジャンボ2018 当選確率



posted by 年末ジャンボ10億円 at 22:17| 宝くじ 年末ジャンボ

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】